次世代プリンテッドエレクトロニクス技術研究組合

(JAPERA)

フレキシブルデバイス及びプリンテッドエレクトロニクス技術の早期実用化を加速

 
エレクトロニクスメーカー、印刷メーカー、装置メーカー、材料メーカーなど業種横断的な企業と産業技術総合研究所は、低電力、省資源で、生産性高く大面積のデバイスを高効率に製造できる技術として、印刷技術を駆使して電子回路を製造していく「プリンテッドエレクトロニクス技術(印刷デバイス製造技術)」を確立し、低電力社会の構築と産業技術の国際競争力強化を推進するために、当該技術開発を集中的に実施する技術研究組合「次世代プリンテッドエレクトロニクス技術研究組合(JAPERA)」を2011年3月に組織しました。

JAPERAは、フレキシブルディスプレイやセンサーなどの大面積フレキシブルデバイスを、省エネ、省資源、高生産性で製造する「プリンテッドエレクトロニクス技術」の早期実用化を加速し、フレキシブルデバイスの普及とデバイス製造技術のグリーン化促進を目指します。

JAPERA事務局及び研究施設概観

更新履歴

2017/11/8

トピックスに CEATEC 2017 出展風景を掲載しました。

2017/10/2

トピックスにニュースリリースを掲載しました。

2017/9/19

イベント・講演会を更新しました。

2017/7/27

サイトデザインを変更しました。